モノノケ? モノカキ? もぎひろむの妖怪っぽい日々
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪魔くん」の実写TVシリーズのスタッフが放った、妖怪モノクロのTVドラマシリーズ第二弾です。

主人公、河原三平は、偶然、封印されていた河童の世界に紛れ込んでしまうが、河童の世界を襲う怪物を倒したことから、河童の妖力(ようりき)を与えられた。
しかし、人間が妖力を得ることは妖怪世界のタブーであり、その祟りによって母親が記憶を奪われ行方不明になってしまう。
三平は、消えた母を探すため、三平に興味を持つ河童の姫カン子とカン子のお付きの六兵衛と共にあてどない旅に出るのだった。

悪魔くん」同様、水木しげるの代表的コミック「河童の三平」が原作となっていますが、「悪魔くん」以上に原作との解離性が高く、タイトルだけ借りた別物といってよいでしょう。コミック版も傑作なので、そのうち(時間があったら)書きたいと思います。

河童の三平」は物語の骨子が三平の母捜しであり、「悪魔くん」のような妖怪退治ではありません。そのため「悪魔くん」の妖怪は着ぐるみによる怪獣・怪人的な表現が多く、いわばヒーローもの的意味合いが強いのに対し、「河童の三平」は、三平が出くわす妖怪のほとんどを人間が演じ、妖怪側の情念や怨念をテーマにドラマ性を重視していて「悪魔くん」とはまた違った魅力を持っています。
時代が昭和四〇年代なのに、学校も行かずに小学生が放浪していて良いのか? というツッコミはさておき、三平役の金子吉延と六兵衛役の牧冬吉は「仮面の忍者赤影」の青影・白影の名コンビ。このコンビの軽妙さと途中降板が残念なカン子役の松井八知栄の可愛さが、ウェットな話の多い本作の軽重バランスをうまく取っているように感じます。
蝦蟇令嬢砂かけおばばなど、原作版鬼太郎のキャラもサブキャラとして登場しており、意外なところで水木度が高いのもポイント(笑)。
最近DVDで観直しましたが、江戸時代以降の怪異譚を現代に起きかえたような話が多く、妖怪ものとしての完成度がえらく高いのに驚きました。
妖怪ファンなら、是非観ていただきたいシリーズですね。

河童の三平 妖怪大作戦 VOL.1 [DVD]河童の三平 妖怪大作戦 VOL.1 [DVD]
(2003/12/05)
特撮(映像)金子吉延

商品詳細を見る
スポンサーサイト

本日「コミックブンブン」発売です!


以前書いた、今までで一番難産だった話というのは、今月の話のことです。
ヤミコみたいな強力なキャラクターを登場させた場合、そのあとのストーリー展開をどのように回していくか?
これは、いくつかのやり方がありますが、もっとも簡単で、かつ一般的にみて人気を維持しやすいのが、前回のテンションを維持してバトル中心に物語を据えていくことです。
逆に、前回のことはあくまで1エピソードとして処理して、まったく忘れていつも通りの読み切り展開にするやり方もあります。月刊児童誌の場合、これもやり方として普通にありです。
結果的にどちらも選びませんでした。
「花子さん」はバトルも重要な要素ですが、あくまで要素の一つであって、それがすべてではありません。ですから、悪い妖怪軍団対旧校舎チームみたいな形になってしまった時点で、自分らの育ててきた「花子さん」とは別物になってしまいます。それだけは避けたいと思いました。
かといって、なにもなかったように、違う話を進めてしまうのは、読者に対して無責任だと思うので、これも極力避けたい。
ヤミコの登場の話を書くときに、個人的に一番リスクが大きいと思ったのは、ヤミコが現れたということ以上に、大輝達と花子さん達の関係性に変化が出るであろうというというでした。
いつもは大輝達が花子さん達を巻き込んでいたのに対し、今回は、花子さんが大輝達を巻き込んでしまっているわけで、花子さんだって、今までのように超然としたままヨーヨーを投げてるわけにもいきませんし(笑) しかしまた、そもそもそんなことになったのは大輝達と関係したからで、大輝達にとっても大きな引け目があるわけです。
そんな複雑な人間関係(半分は人間じゃないですが)を描かなければならないんですが、目線はあくまで子供達で、お化け達の物語はあくまでサブストーリーに置いておくという原則を外すわけにもいかず、かなり四苦八苦しました。そのうえで、読者の子供達にも楽しんでもらう話じゃないと、まったく意味がありませんし。
まあ、四苦八苦は毎度のことで、すんなり話ができたことなど一度もないわけですが(汗)
ずっとブログを更新できないお詫びを兼ね、こんな感じで「花子さん」のお話はいつも作られてます……という一例を裏話的に書いてみました。どんな話になったのかは、今月号のブンブン本誌をご覧ください。と、結局宣伝?
そんなわけで、次回から新展開! とはなりませんが、もっともっと面白い、そしてバラエティに富んだお話になるよう、工夫や勉強を重ねていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

パソコンが壊れました……。
ここ数日、色々手を尽くしてみましたが、どうやら買い換えしかないようです。
メーカー修理に出しても、駄目であまりにもよく故障するので、こっちのサブのノートパソコンで仕事することが増えてたし。
また丸一日潰れるなあ。
やっと腰がまともに動くようになったと思ったら、季節は花粉舞い散る辛い時期に。
薬を飲めば楽になりますが、眠くなってしまって仕事になりません。
お茶とか色々試しましたが、気休めにしかならないし。
そんなことも言ってられないので、机に向かってもうひと頑張りです。
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 妖怪っぽいブログ all rights reserved.
プロフィール

もぎひろむ

Author:もぎひろむ
年齢性別不明。しがない物書きオバケです。
※イラスト
南条アキマサ先生(多謝)

最新記事
最新コメント
カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
作品紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来評者数

いらっしゃいませ

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。