モノノケ? モノカキ? もぎひろむの妖怪っぽい日々
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日「コミックブンブン」発売です!


以前書いた、今までで一番難産だった話というのは、今月の話のことです。
ヤミコみたいな強力なキャラクターを登場させた場合、そのあとのストーリー展開をどのように回していくか?
これは、いくつかのやり方がありますが、もっとも簡単で、かつ一般的にみて人気を維持しやすいのが、前回のテンションを維持してバトル中心に物語を据えていくことです。
逆に、前回のことはあくまで1エピソードとして処理して、まったく忘れていつも通りの読み切り展開にするやり方もあります。月刊児童誌の場合、これもやり方として普通にありです。
結果的にどちらも選びませんでした。
「花子さん」はバトルも重要な要素ですが、あくまで要素の一つであって、それがすべてではありません。ですから、悪い妖怪軍団対旧校舎チームみたいな形になってしまった時点で、自分らの育ててきた「花子さん」とは別物になってしまいます。それだけは避けたいと思いました。
かといって、なにもなかったように、違う話を進めてしまうのは、読者に対して無責任だと思うので、これも極力避けたい。
ヤミコの登場の話を書くときに、個人的に一番リスクが大きいと思ったのは、ヤミコが現れたということ以上に、大輝達と花子さん達の関係性に変化が出るであろうというというでした。
いつもは大輝達が花子さん達を巻き込んでいたのに対し、今回は、花子さんが大輝達を巻き込んでしまっているわけで、花子さんだって、今までのように超然としたままヨーヨーを投げてるわけにもいきませんし(笑) しかしまた、そもそもそんなことになったのは大輝達と関係したからで、大輝達にとっても大きな引け目があるわけです。
そんな複雑な人間関係(半分は人間じゃないですが)を描かなければならないんですが、目線はあくまで子供達で、お化け達の物語はあくまでサブストーリーに置いておくという原則を外すわけにもいかず、かなり四苦八苦しました。そのうえで、読者の子供達にも楽しんでもらう話じゃないと、まったく意味がありませんし。
まあ、四苦八苦は毎度のことで、すんなり話ができたことなど一度もないわけですが(汗)
ずっとブログを更新できないお詫びを兼ね、こんな感じで「花子さん」のお話はいつも作られてます……という一例を裏話的に書いてみました。どんな話になったのかは、今月号のブンブン本誌をご覧ください。と、結局宣伝?
そんなわけで、次回から新展開! とはなりませんが、もっともっと面白い、そしてバラエティに富んだお話になるよう、工夫や勉強を重ねていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

パソコンが壊れました……。
ここ数日、色々手を尽くしてみましたが、どうやら買い換えしかないようです。
メーカー修理に出しても、駄目であまりにもよく故障するので、こっちのサブのノートパソコンで仕事することが増えてたし。
また丸一日潰れるなあ。
スポンサーサイト
店が悪い。売るから。
 メインパソコンご愁傷様でした。
正直な話、今月はブンブン買わないつもりでしたがブログ読んで本屋に行きました。タイトルは私の一連の流れを見た友人の意見。(笑)
素敵に魅力的なキャラクターが出てきた場合、作者の意図は別としてそのキャラの持つイメージだけが記号化し一人歩きしてしまう現象があります。そうなると、どんなに良い作品でも「キャラが死んでる」とされます。皮肉な事に、人気のある作品ほどこの傾向が強いうえに「死んでいる」ことにさえ気づいてないのが現状です。今回は花子さん達を殺さないための愛ある一話に思いました。と、いっても大きな読者の感想なんぞ何の役にも立ちませんが。個人的にはベタベタのバトル展開より心理的なかけひきの方が好みなのですが、児童誌ではやはり難しいのでしょうね。ちなみに読み終わったブンブンはいとこの子どもに持って行ってます。あわよくばそこの家庭でブンブン定期購読しないかな?なんて考えてますが、既に配達人と思われているような気が・・・。 ではまた


 
[2009/03/18 Wed] URL // グッドスノゥ #qlInT1Rs [ 編集 ] @
re:店が悪い。売るから。
またのお買い上げ、子供たちへの普及活動? ありがとうございます。
売るからって……(笑)

子供は、自分の知ってることが出てくると興奮するので、同じ絵本を何度も繰り返し読みます。パターン認識というのは、快感中枢につながっているそうで、子供はそれが顕著なのでしょう。アネゴがオッチャンを踏んづけたり、グラビアアイドルネタみたいな、お約束には実はそういう意図があったります。
大人の場合でも「お笑い」などには、その傾向が強く残ってますね。

そういう意味でパターン化というのはある意味必然なんですが、それに甘んじてしまうと逆に首を絞めてしまうので、今回だけは、アンケートはがきの結果を意識しないという英断を許可してくださった担当さんに感謝です。
次回から担当さんが変わって、内容的なテイストに若干変化がでそうなこともあって、タイミング的に今回はああいった話ができたのは、ちょうどよかったと思っています。
[2009/03/19 Thu] URL // もぎひろむ #17ClnxRY [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://mogihiromu.blog65.fc2.com/tb.php/34-f849ee6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 妖怪っぽいブログ all rights reserved.
プロフィール

もぎひろむ

Author:もぎひろむ
年齢性別不明。しがない物書きオバケです。
※イラスト
南条アキマサ先生(多謝)

最新記事
最新コメント
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
作品紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来評者数

いらっしゃいませ

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。