モノノケ? モノカキ? もぎひろむの妖怪っぽい日々
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪魔くん」の実写TVシリーズのスタッフが放った、妖怪モノクロのTVドラマシリーズ第二弾です。

主人公、河原三平は、偶然、封印されていた河童の世界に紛れ込んでしまうが、河童の世界を襲う怪物を倒したことから、河童の妖力(ようりき)を与えられた。
しかし、人間が妖力を得ることは妖怪世界のタブーであり、その祟りによって母親が記憶を奪われ行方不明になってしまう。
三平は、消えた母を探すため、三平に興味を持つ河童の姫カン子とカン子のお付きの六兵衛と共にあてどない旅に出るのだった。

悪魔くん」同様、水木しげるの代表的コミック「河童の三平」が原作となっていますが、「悪魔くん」以上に原作との解離性が高く、タイトルだけ借りた別物といってよいでしょう。コミック版も傑作なので、そのうち(時間があったら)書きたいと思います。

河童の三平」は物語の骨子が三平の母捜しであり、「悪魔くん」のような妖怪退治ではありません。そのため「悪魔くん」の妖怪は着ぐるみによる怪獣・怪人的な表現が多く、いわばヒーローもの的意味合いが強いのに対し、「河童の三平」は、三平が出くわす妖怪のほとんどを人間が演じ、妖怪側の情念や怨念をテーマにドラマ性を重視していて「悪魔くん」とはまた違った魅力を持っています。
時代が昭和四〇年代なのに、学校も行かずに小学生が放浪していて良いのか? というツッコミはさておき、三平役の金子吉延と六兵衛役の牧冬吉は「仮面の忍者赤影」の青影・白影の名コンビ。このコンビの軽妙さと途中降板が残念なカン子役の松井八知栄の可愛さが、ウェットな話の多い本作の軽重バランスをうまく取っているように感じます。
蝦蟇令嬢砂かけおばばなど、原作版鬼太郎のキャラもサブキャラとして登場しており、意外なところで水木度が高いのもポイント(笑)。
最近DVDで観直しましたが、江戸時代以降の怪異譚を現代に起きかえたような話が多く、妖怪ものとしての完成度がえらく高いのに驚きました。
妖怪ファンなら、是非観ていただきたいシリーズですね。

河童の三平 妖怪大作戦 VOL.1 [DVD]河童の三平 妖怪大作戦 VOL.1 [DVD]
(2003/12/05)
特撮(映像)金子吉延

商品詳細を見る
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://mogihiromu.blog65.fc2.com/tb.php/35-d7284b84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 妖怪っぽいブログ all rights reserved.
プロフィール

もぎひろむ

Author:もぎひろむ
年齢性別不明。しがない物書きオバケです。
※イラスト
南条アキマサ先生(多謝)

最新記事
最新コメント
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
作品紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来評者数

いらっしゃいませ

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。