モノノケ? モノカキ? もぎひろむの妖怪っぽい日々
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一ヶ月のご無沙汰です。
誠に残念ながら……

コミックブンブン

本日発売の10月号で休刊です


突然の事で、驚かれたかたも多いと思います。
原作は作画より作業が先行するため、休刊するというのを聞いていたのは、漫画家さん達よりも幾分早かったのですが、まったく思いも寄らなかった事で、読者アンケートは、おかげさまで常に上位をキープしていましたから、打ち切られるという不安は薄かった事もあって、ショックはかなりのものでした。

花子さんの新しい姿は「最後の最後まで読者を楽しませたい」という南条先生からのご提案です。どんな事情であれ、投げやりになる事は読者に対する裏切り行為だと思いますので、私も即賛成しました。そのうえで、今まで少しずつふってきた「花子さん」の一番重要な秘密も開示しなければ作家として無責任です。悩みに悩んで、既に途中まで書いていた原稿を急遽大幅に書き直しました。そのため、今までで一番原稿が遅れてしまい、南条先生には本当にご迷惑を掛けてしまいました。

電車に乗りながら、担当さんにいただい22話のネームのコピーをチェックをしていたら、無念さと今までの思いが胸に迫って、涙がハラハラとこぼれてしまい、みっともないのでネームチェックを慌てて止めました。泣くほどに自分がこの作品に思い入れていたということを改めて自覚させられました。

他のほとんどの連載マンガは「最終回」とありますが、「花子さん」だけは「第22話」になっています。これは私と担当さんの意地です。
ですから、本誌が終わるので形式的にはラストカットに「おわり」と書いてあっても、「ふしぎ通信トイレの花子さん」の物語はまだ終わっていません。だから、大輝達と妖怪達は「仲間」から「友達」になり、花子さんは新スタイルに変身するのです。すなわち、物語は次の段階に進むという、我々スタッフの「新たな地平」に向かうための強い意思表示だと思ってください。
どんな形になるのかはまだわかりませんが、必ずまたいつか、できるだけ近いうちに物語の続きをお届けできるよう、これからも南条先生と共に頑張っていきます。

担当さんのご尽力でコミックスの新刊が来月に発売されるのはお伝えした通りです。
……これは言うべきかどうか迷ったのですが、これまで応援してくださったファンの皆様のために、やはり先にお伝えするくらいの誠意はあるべきだと思うのであえてお伝えします。

とてもとても残念な事ですが「鏡の少年(5月号掲載)」「落餓鬼(8月号掲載)」の二話が未収録で、その代わり連載最後の「閉じられた扉(今月号掲載)」までを収録する事になりました。
そもそもコミックスの続刊自体が危うい現状で四巻を出す事が出来るのは、担当さんがギリギリまで頑張ってくださったおかげで、未完全な形になってしまう事は本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、単行本も出せずに終わってしまう連載作品がある中、尻切れトンボにならずに済むだけでも、「花子さん」は、かなり優遇していただいた、と前向きに思っています。

今まで「花子さん」を応援してくださった皆様、本当に……本当に有り難うございます。
そして、これからも「ふしぎ通信トイレの花子さん」をよろしくお願いします。
スポンサーサイト
皆様、盛大な拍手を!
 本当にお疲れ様でした。だいぶはしょってましたが、大切なものは伝わりました。正直、花子さんは私のような妖怪マニアも唸らせるほどの作品だったので、「休刊」は残念でなりません。ついでに言えばコミック未収録分も。(バックナンバー再購入か)

物語の続きを信じて待っています。そしてこれを読んだ方、もぎ先生にも是非コメントを!(何の権限だ)


大人の事情と呪いの系譜・・・ さて、いち妖怪マニアとして真面目な話でも。(笑)イソップの「胃袋と足」を掘り下げてみましょう。そして、今号のヌシの話や、天使ゲーム。「想い=みえないもの」は形になり「力」となります。つまり、何を言いたいのかというと、呪いは「自業自得」という道理なのですよ。と、言う事です。非科学的なものを信じるかどうかは別にして、「世界は動かせます」 良い方向へも悪い方向へもすすめるのは、私達なのです。固定観念にとらわれてしまいませんよう・・・。

以上、挨拶にかえさせて頂きます。 それでは


[2009/09/16 Wed] URL // グッドスノゥ #qlInT1Rs [ 編集 ] @
お疲れ様です
さぁ次にとりかかりましょう
[2009/09/16 Wed] URL // 通りすがり #- [ 編集 ] @
コメント有り難うございます
グッドスノゥ様
毎月、コメントを有り難うございます。
本誌は終わってしまいましたが、それを嘆いても意味がありませんし、誰かを恨むのも筋が違いますから。
ならば、次はなにが出来るかを模索した方が建設的だと考えておりますし、出来そうな気配もそこはかとなく感じられますので。
お待ちくださいませ。

通りすがり様
とりあえずは、妖怪のキャラクターファイルだけは日々増えております(笑)


[2009/09/18 Fri] URL // もぎひろむ #17ClnxRY [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://mogihiromu.blog65.fc2.com/tb.php/54-3b4a96fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 妖怪っぽいブログ all rights reserved.
プロフィール

もぎひろむ

Author:もぎひろむ
年齢性別不明。しがない物書きオバケです。
※イラスト
南条アキマサ先生(多謝)

最新記事
最新コメント
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
作品紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来評者数

いらっしゃいませ

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。